日本ペイント防食コーティングス株式会社

ホーム > 腐食・さびから守る(防食塗料) > 亜鉛末塗料「ジンキー」

防食塗料 Anti-corrosive Coating Paint

亜鉛末塗料「ジンキー」

鉄の防食、亜鉛メッキの補修に最適

1.すぐれた防錆力で鉄素材を守る
防錆顔料に亜鉛粉末を使用しているため、保護皮膜作用と犠牲防食作用によって、鉄素材をさびから守ります。また、亜鉛めっきの補修にも最適な、ジンクリッチペイントです。
ジンキーの高い防錆力
2.自社で製造した、フレッシュな亜鉛粉末を配合
当社は、亜鉛粉末を自社で製造している、塗料メーカーです。
ジンキーは防錆力にすぐれた塗料として、プレハブ住宅や自動車関連など多くのユーザーから高い評価をいただいています。
用途と種類


亜鉛末粒子と樹脂

無機ジンクリッチペイント(略称 無機ジンク)

シリケートなどの無機系バインダーを結着剤として用い、塗膜中の亜鉛濃度は75%以上になります。塗膜の性質上、亜鉛溶射とほぼ同様の性能を示します。

主な用途

  • 新設橋梁
  • 船舶
  • タンク内面(但し積載物を確認)

特長

  • 高い防錆性能を発揮します。
  • 耐熱温度は約400℃です。
  • 塗膜に空隙があるため、塗り重ね時はミストコートが必要です。
  • アンカー効果によって素地と密着するため、ブラスト処理が必須となります。
  • 塗膜の硬化に空気中の水分が必要(RH35%以上)です。


亜鉛末粒子と樹脂

有機ジンクリッチペイント(略称 有機ジンク)

亜鉛と反応を起こさない樹脂(主にエポキシ樹脂)をビヒクルとして用い、一般に塗膜中の亜鉛濃度は70%以上になります。

主な用途

  • 橋梁の塗り替え
  • 亜鉛めっきのダメージ補修
  • 自動車の足まわり(ウエルドスルー・プライマー)
  • その他、各種屋外構造物

特長

  • 高い密着性を発揮します。
  • 無機ジンクに比べて、簡単に塗装できます(パワーツール St3)
  • 無機ジンクに比べて、上塗り性にすぐれています。
  • アンカー効果によって素地と密着するため、ブラスト処理が必須となります。
複合サイクル試験条件
ドライ膜厚:30μ
試験板:亜鉛めっき鋼板(溶接あり)
試験方法:(JASO規格 M609-91に準ずる)
サイクル条件

下記(1)〜(3)を1サイクルとし、繰り返す

  1. 塩水噴霧 2時間(5%NaCl 35℃)
  2. 乾燥 4時間(60℃)
  3. 湿潤 2時間v50℃ 湿度95%以上)
複合サイクル試験
90サイクル経過後
  • ジンキー3000W

  • ジンキー101LT

有機ジンクリッチペイント(略称 有機ジンク)
水系ジンクリッチペイント:ジンキー3000W
シリカ複合エマルション樹脂と亜鉛末を防錆材料とした、1液1粉末形の水溶性ジンクリッチペイント。亜鉛末とシリカ複合エマルション樹脂によって強固な塗膜を形成することで、長期にわたり亜鉛めっき鋼材の溶接部や切断面を防食します。
弱溶剤ジンクリッチペイント:ジンキー101LT
ウレタン変性樹脂ワニスをビヒクルとし、亜鉛末を防錆材料とした弱溶剤系の1液形有機ジンクリッチペイント。弱溶剤タイプなので、臭気がマイルドです。ジンキー3000Wと同じく、高耐久性亜鉛めっき鋼板の補修材として使用されています。

製品ラインアップ

このページのトップへ

Copyright © NIPPON PAINT ANTI-CORROSIVE COATINGS CO., LTD All Rights Reserved.

  • リンク集
  • サイトマップ
  • ご利用にあたって
  • プライバシーポリシー